2008年12月10日

【アニメ】魍魎の匣 10話「鬼の事」【感想】

名前に順番なんてものがあったばかりに・・・。
D2BA10_4a05d359c1fdd.jpg

   
 
 
  
 
 
 

  


→1話感想頁はこちら
→2話感想頁はこちら
→3話感想頁はこちら
→4話感想頁はこちら
→5話感想頁はこちら
→6話感想頁はこちら
→7話感想頁はこちら
→8話感想頁はこちら
→9話感想頁はこちら











粗筋



アバン
久保竣公処女作「蒐集者の庭」



本編
九月二十八日
陰陽師である京極堂は遂に重い腰を上げる。
「行こうか」と御筥様退治に出向く京極堂は、
御筥様が連続バラバラ事件に絡んでいるという確信を持っていた。
まず京極堂は御筥様の裏の首謀者は久保である、と睨む。
その根本に久保の過去の作品、「蒐集者の庭」がある。
久保は幼少時代福岡、伊勢で過ごした。そこで陰陽道に係わりを持つ。
「蒐集者の庭」にはその辺りのことが明確に記され、
そしてその御祓いの祝詞、作法が御筥様と非常に似ており、
それを兵衛に教え、御筥様として成り立たせたのではないか、ということ。
そして久保は常時手袋をしている。
バラバラ事件の起きた周囲では「手袋をした男」の目撃情報が相次いでいる。
そしてその被害者は御筥様の信者名簿の娘なのだ。
「久保の小説は幻想なんかではない、ほとんど日記だ」と京極堂は言う。
つまり関口と同様に自分の体験や考えたことを元に書かれた物なのだ。




そのことをふまえ、京極堂はいざ御筥様の道場へ乗り込む。
最初は関口が魍魎に取り付かれた、という設定で下手にでた京極堂であったが、
「亀山君(関口)ここにいては命が危ない」と発言。
兵衛の道場にはこれまで信者から落とした魍魎が蔓延っており、
「これはわざとそうしているのですか?」と兵衛に尋ねることで、
所詮素人の兵衛がその発言にうろたえてからは終始京極堂のペース。
「ご心配なく。僕は本物です」
D2BA10(1)_4a05d35a71a39.jpg




それでも「それがどうした」という態度をとり続ける兵衛に、
京極堂はまったく怯まず、魍魎の来歴、そして陰陽師の役割を堂々と述べる。
「魍魎は鬼よりも古い」「陰陽師は穢れを信者から引き受けいずれは自身が鬼になる」
と祝詞の唱え方など表面的な作法しか知らぬ兵衛をどんどん追い詰める。
D2BA10(2)_4a05d35b26a7e.jpg




そして「君は本物なのか・・・?」兵衛は完全に後手に。
「言ったじゃないですか、“僕は”本物だと」
兵衛は崇める御筥様の御神体である筥ですら設置する場所を間違えており、
しかもその箱はただの「福来博士の透視検証セット」であることを
京極堂に教えられ、兵衛は完全に崩れ落ちる。
D2BA10(3)_4a05d35bd7a01.jpg




兵衛はその箱の中にある紙に「魍魎」と書かれていたから、
“魍魎落とし”を始めたわけだが、本来研究の為の箱の中に
何故“魍魎”と書かれた紙が入っていたのか、
それはただ画数が多かったからである。

しかし、そんな見せ掛けの魍魎落としであっても、
作法はそれなりにきちんとしていたのである。
そうして知らぬ間に兵衛は道場に信者からしっかり魍魎を集めていた。
京極堂は偽憑物落としである兵衛を叩くと共に、
兵衛に取り付いた魍魎をしっかり落としてその場を退散した。






その後兵衛は喜捨を信者に返してまわり、そして出頭した。
久保竣公はなんと兵衛の実の息子であった。
兵衛の話によると、兵衛が戦争から帰ると血の着いた鉄製の箱と
赤子の4本の指が道場に転がっていたそうだ。
そしてその赤子、つまり久保が一昨年の暮れ、突如箱屋に帰ってきた。
口を開いた一言目は「僕の指を返してください、お父さん」
それまで箱に取り付かれたが為に妻子を蔑ろにし、
あまつさえ息子の指を奪った箱を作り続けていた兵衛は
罪悪感やら責任感やらに縛られ、久保が帰ってきて
御筥様の話を持ち出してからはずっといいなりだったようだ。
D2BA10(4)_4a05d35c93f74.jpg
D2BA10(5)_4a05d35d4419f.jpg




これまで被害にあった信者名簿に載っている4人の娘、
浅野、小沢、柿崎そして楠本頼子は喜捨額がどう、とかは関係なく、
単にあいうえお順で不運にも久保の手によって殺されてしまったのだ。
京極堂は言う。久保が逮捕されれば事件は全て終わりだ、と。


しかしそれはおかしい。
「浅野」よりあいうえお順で先にくる氏名は名簿にはない。
つまり相模湖で発見された肢体の持ち主が誰だか判明していない。
それで事件が解決したといえるのだろうか。



榎木津はその矛盾をつく一言を京極堂に浴びせる。
「なにを隠している、京極堂」
D2BA10(6)_4a05d35e035f0.jpg
D2BA10(7)_4a05d35ed6069.jpg











場面は変わって久保の自宅。
青木は遂にバラバラ殺人事件の犯人を逮捕すべく家に乗り込んだ。
家の中は日が昇っているというのに、真っ暗だ。
無言で家に上がる。扉を引く・・・・扉の反対から誰か出てくる。
無論、久保だ。久保は物凄い力で青木を退け、外へ駆ける。
青木は不意をつかれ転倒した為に反応が遅れた。
青木が気づいたときには久保は既に外へ出ていた。
D2BA10(8)_4a05d35f695ba.jpg
D2BA10(9)_4a05d360141fa.jpg






青木が今いる部屋、さっきまで久保がいた部屋も廊下同様に、暗い。
壁一面には箱、箱、箱・・・。
書斎だろうか、机には原稿用紙が置いてある。そして、血。

D2BA10(10)_4a05d360b6342.jpg








青木はすぐ傍に転がっている箱にふと目を止める。
蓋がぴったりとしまっている。
青木は蓋を外す。



箱には四肢を切断された楠本頼子が、みしっりと詰まっていた。
D2BA10(11)_4a05d3616d2c5.jpg







十月一日
久保のバラバラ肢体が発見された。
事件は振り出しに戻った。





次回へ。



感想



今期最も猟奇的な顛末が描かれたなシーンとも言えるのではないでしょうか。
ついにお目見え、頼子の箱詰め。主はこのシーンが楽しみで楽しみで・・・。
深夜二時ちょっと過ぎ、主は部屋で身震いしていました。
想像以上に綺麗な亡骸でした。グロさという点ではそこまで強烈でもないかな、と。
ただこれまで四肢のある頼子を見てきただけに、その点ショックはでかい。
でも興奮する・・・なんでだろ。
これ以上ここについて書くと主も異常者仲間入り認定受けそうなのでやめときます。
もし賛同者いたらコメントくださいw



さてさて、ついに御筥様が陥落いたしました。
原作であまりこのシーンに憶えがないので結構新鮮に観ることができました。
薀蓄七割、御筥様のからくり三割といった感じでしょうか。
以前の魍魎についての薀蓄を軽くおさらいしてるような印象を受けました。
ここへきて1話まるまる魍魎について使ったのも無駄ではなかったな、とw
ただ粗筋書いてて思ったのですが、御筥様の裏に久保がいるって
京極堂が気付いた経緯、こんなに薄っぺらな感じだったっけかな、と。
ま、時間できたら原作もう一度読みます。


兎に角もう一度観てみないと把握し切れていないところがある。
あとで録画見てもう少し感想書き足すことにしようと思います。





written by 亨太朗04:45 | Comment(2) | TrackBack(21) | 魍魎の匣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
久保の小説「蒐集者の庭」に親子だと書いてあったんじゃないかと・・・
Posted by てる at 2008年12月10日 13:54
てるさんこんばんは。
アニメではそういったシーンはありませんでした。
原作もさらっと見返してみたのですが、見つけられませんでした。
でもやはり「蒐集者の庭」に書かれていることが大きなポイントとなっているようですね。
Posted by 主@QUATTROism at 2008年12月11日 23:49
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

魍魎の匣 ♯10
Excerpt: ご心配なく。僕は本物です。ナニガ・・ミエテルノ?っつっても・・彼の場合はえのさんと違って筋道があって結論付けての行動なんだろうけれどもさ。すげー・・・☆鬼?彼もなっちゃった?この人のいう、鬼になるって..
Weblog:烏飛兎走 Tracked: 2008-12-10 11:01

魍魎の匣 10話 鬼の事
Excerpt: オンバコ教主vs京極。っていうかイジメ
Weblog:日常のぼやき Tracked: 2008-12-10 11:16

魍魎の匣 10話
Excerpt: 第10話 「鬼の事」 とうとう京極堂が動き出しました。 両胸に五芒星を染め抜いた黒い着物、赤い鼻緒の黒い下駄。 そして、手には黒い手...
Weblog:ワタクシノウラガワR Tracked: 2008-12-10 11:19

「魍魎の匣」第10話
Excerpt: 魍魎の匣第一巻(DVD)◆20%OFF!第10話「鬼の事」京極堂は、一連の事件を解くカギが、小説家の久保竣公の著書「蒐集者の庭」と「匣の中の娘」にあると睨んでいた・・・。「ご心配なく・・・本物です。」..
Weblog:日々“是”精進! Tracked: 2008-12-10 12:22

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」 感想
Excerpt: 『陰陽師は鬼になった』ということは、京極堂は? 魍魎の匣 第10話 「鬼の事」 の感想です。 『鬼』についてのうんちくを聞いていて、...
Weblog:メルクマール Tracked: 2008-12-10 12:32

魍魎の匣(もうりょうのはこ) 第10話 「天人五衰の事」
Excerpt: 魍魎の匣(もうりょうのはこ) 第10話 「天人五衰の事」 後の混乱がようやく収まった昭和27年。私立の女子校中等部に通う榎本頼子は、クラ...
Weblog:動画共有アニメニュース Tracked: 2008-12-10 12:44

魍魎の匣 10話「鬼の事」
Excerpt: '''京極堂かっけ〜なw''' いよいよ事件の真相がわかった一行は御筥様と相対 京極堂なんか決め衣装といういでたちでかなり様になって..
Weblog:時空階段 Tracked: 2008-12-10 13:10

魍魎の匣 第10話 感想
Excerpt:  魍魎の匣  第10話 鬼の事 感想    −キャスト−  京極堂(中禅寺秋彦):平田広明  榎木津礼二郎:森川智之  関口巽:木...
Weblog:荒野の出来事 Tracked: 2008-12-10 14:00

【妄想117】魍魎の匣 十話 「鬼の事」 感想
Excerpt: ウマイな 前回ラスト近く犯人が久保竣公であることがわかり 御筥様と寺田兵衛の件も久保竣公が影で動いていたと しかしよくよく考えれ...
Weblog:日本妄想協会 Tracked: 2008-12-10 16:15

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」
Excerpt: 京極堂さんがついに・・・ 家の外に出ました! 「関口くん・・・ 鬼を祓う役目をおった陰陽師はね やがて権力から遠ざかると その身...
Weblog:空色きゃんでぃ Tracked: 2008-12-10 16:31

魍魎の匣 第10話「鬼の事」
Excerpt: 第十話「鬼の事」今まで長々と予想や感想を書いてきたこの作品も、いよいよ京極堂によ
Weblog:心のおもむくままに Tracked: 2008-12-10 19:34

(アニメ感想) 魍魎の匣 第10話 「鬼の事」
Excerpt: 魍魎の匣 第一巻 [DVD]クチコミを見る 久保が本当に犯人なのか、という関口の問に、京極堂は、その理由を明かし始めた。バラバラ連続殺人事件の3人の被害者の家庭が御筥様の帳簿に載っていたこと、久..
Weblog:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 Tracked: 2008-12-10 19:49

アニメ「魍魎の匣」 第10話 鬼の事
Excerpt: ならば久保は、匣の中の娘の主人公そのままに。 「魍魎の匣」第10話のあらすじと感想です。 繰り返す凶行。 (あらすじ) なくのです。...
Weblog:渡り鳥ロディ Tracked: 2008-12-10 19:53

魍魎の匣 第10話「鬼の事」
Excerpt: 「ご心配なく、僕は本物です」 京極堂さんが陰陽師として動く!!! 御筥様についての謎が明らかに…!!    今回の冒頭は久保の作品『蒐集者...
Weblog:WONDER TIME Tracked: 2008-12-10 20:06

魍魎の匣 第10話 『鬼の事』
Excerpt: ご心配なく、僕は本物です――。 京極堂は御筥様の道場に乗り込み、教主・寺田兵衛と対決。 次々と寺田の虚偽を暴いていきます。 流石、本...
Weblog:SERA@らくblog 3.0 Tracked: 2008-12-10 20:33

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」
Excerpt: くー!!、陰陽師・京極堂が素敵!!あらすじはとっても詳しい公式HPでどぞ。京極堂が陰陽師の仕事をする今回。バラバラ連続殺人事件の真相が遂に暴かれました。アバンは久保の別の小説。墓守をする男ねぇ・・・幻..
Weblog:よろず屋の猫 Tracked: 2008-12-10 20:57

昨日の魍魎の匣 第十話
Excerpt: 「鬼の事」今回はついに京極堂が出陣した事によって、また一気に動くことになりましたね。まずは、御筥様こと寺田兵衛追い詰め、一気に落とします。京極堂の長台詞によって相手を落とすのがこのシリーズの見せ場にな..
Weblog:地下室で手記 Tracked: 2008-12-10 21:34

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」
Excerpt: 久保の死。 それは、事件が振り出しに戻っていたことを意味していた。そんな「魍魎の匣」第10話です。
Weblog:日常と紙一重のせかい Tracked: 2008-12-10 21:43

魍魎の匣 第10話「鬼の事」
Excerpt: 「懊悩が啼くのです-----------」久保の作品ってこんなんばっかなん?今度は墓の集団。病んでるなぁ・・・まさかこれって今まで自分が殺してきた人たちの墓ってわけじゃないよね? 久保が本当..
Weblog:◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ Tracked: 2008-12-10 23:09

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」
Excerpt: 史書に登場する鬼のもっとも古い事例。 それは、『日本書紀』齊明天皇七年(661年)条に見られる次の記事。
Weblog:Kanagawa_Transport_Network Tracked: 2008-12-10 23:14

魍魎の匣 第9話『鬼の事』
Excerpt: いきなり今度は“蒐集者の庭”ですか。ってワカランてばよ(汗) まぁこの話を理解しきらなくても 本筋が分からなくなるって程じゃないのでイイっちゃイイけどさ。
Weblog:風庫~カゼクラ~ Tracked: 2008-12-11 02:11

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。