2008年12月28日

【アニメ】かんなぎ 13話「仁、デレる」【感想】

紫乃先輩の開眼する日が来るのを信じて。「かんなぎ」最終回。



粗筋





仁、デレた。








感想





最終回の感想です。う〜んと、ストーリー的には普通、でした。
ストーリーのシナリオよりも作画や演技、ネタで通り抜けたって印象。
兎に角しっかりと話を終わらせたのはよかったと思います。

上森家の豪華な人々は一発ネタかと思っていましたが、
仁とすれ違いでナギがお世話になってたんですね。


仁がナギのもとに駆けつけたときナギの服がいつもと違ったのは
アレ、喪服だったんですね。
産土神に自殺を止めてもらったうえに、葬式に顕現した姿で
出席してもらうとは上森シゲはついてる、憑いてますね。
それとシゲが若かりし頃の姿で登場したときものすごーーーく懐かしい気持ちに
させられたのは、EDでキャストを観て納得、やはり島本さんでしたか。
声の類からいってトトロの草壁母、らきすたのかなた、ですね。
ヤマカンは島本さんと繋がりがあるのか。
というかシゲの中の人豪華ですなあ。




で、今回最近溜め込んでいたエロを解き放つように
終わりの終わりでエロを詰め込んできましたが、
主は喪服時にみせたしなっとしたナギの表情のほうが萌えましたね。
後半は作画にかなり気合入ってましたよね。鼻水びょーんとかw
最後の仁がナギを押し倒した(ような感じになった)シーンの
肌のテカり具合はすごかったですねw一瞬でとどめたのが勿体無いほどに。
台詞というか演技についても、戸松よかったです。
泣き声は勿論、鼻水拭いた後の「はずかひー」はもうまさに初セクry


あーあと掲示板がこんなところで役立つとは思いませんでした。
これはかなり予想外でした。それと大鉄で笑わせてきたのも予想外w


ざんげが出ないかとちょっと焦ったり悲しかったりしたけど、
テレビで出演しててよかったw相変わらず阿呆そうで安心w


つぐみは最後の最後まで報われない扱いでしたね。
まあ、もうこればっかりは仕方あるまいな。
正直言うとつぐみ最近怖かったんですよ。
演技が迫真すぎて、ブランコで仁が責められているときは
なんだか主が責められているような気がしてきて泣きそうでした。
最終回になって漸くつぐみの恋路を思わせる明確な描写が出てきました。
これについては二期に持ち越し、ですね。




ということで最終回の感想は終了。以下からは総括。




最終回を迎えました「かんなぎ」。
放送前は兎も角、始まってからは今期作品の中で
一番話題性のあったアニメではなかったでしょうか。


最終回を昨晩観て、最初に思ったことは「キレイにまとめたな」でした。
二話にわたるシリアスムードを経て、〆として行き着いた先は
ナギの謎の核部分は判らない、だから二人でみつけよう
という所謂“希望エンド”でしたが、しっかり決着はついたと思いますし、
モヤモヤ感が残らなかったのでなにより、です。
(まあ主がナギの謎について特に知りたいと思っていたわけではないし)
それよりも主題は仁がナギをどう思っているのか、だったような気がします。
たぶんヤマカンもこっちを焦点に観て欲しかったんじゃあないかな?


仁が“ナギと一緒にいて楽しかったから”という理由で
自転車をこいでいたのは説得力がありましたね。
主も二人の生活を眺めているのは楽しかった。


う〜んホントはまりましたからねえ、「かんなぎ」には。
放送前は山本寛が監督!くらいしかチェックしてなかったのに。

ここまで引き付けられたのはやっぱりOPが最初の要因ですね。
曲もザ・アニソンって感じだし流石ダンスOPはいいね。
で、ナギが顕現した際の第一声「ぷっはぁ」でもうハマってたんじゃないかとw
時間にして4分56秒で主は虜になっていたわけです。


その後もつぐみ、ざんげ、秋葉といいキャラ続々登場。
ところどころのパロ、小ネタも心地よかった。


正直ブログを書く上では“楽しかった”“面白かった”くらいしか
感想が思いつかず、やや苦労いたしましたが(失笑)



まあ、なんだろう。
後を引くじわじわ系の面白さではなく、
放送中のそのときが面白いっていうアニメの典型だと思うから
総括っていっても主の脳ではそれほど書けることがないんだよねw


まああと書くことといえば二期への展望くらいでしょうか。
原作がなんやかや荒れているので、色んな話題性も抱合すると
二期がどうとかって今の時点ではなんとも言えませんが、
もしやるのなら引き続き期待!って感じですかね。
ストーリー性が強くなったりするのかな〜。
あんまりそういった路線の「かんなぎ」は観たくない〜
って気持ちはありますが、まあ早まるな、って感じですね。


主が今一番悩んでいるのはナギとざんげどっちが好きなのか、ってことです。
んやーこればっかりは選べねえさ!だがはっきりしたい気持ちも、ある!
最初は否応ナシにナギにハマったが、ざんげの腹黒さと阿呆さも魅力だ・・・。
まあこの件については近日中に決着つけます!(自分と
今期アニメ格付け記事をそのうち書く予定。
そのときキャラ格付けも載せるつもりなんでそれまでには気持ちをはっきりさせますw


あと「かんなぎ」の原作を買うべきか否か。これも悩んでます。
アニメ終わるまでは、と様子見してたらREXのほうでは
休載ということで一気に購買意欲減。
まあこれについては焦る必要がないですが、
迷っているうちにどんどん買う気が失せるのは事実。
下手に漫喫とかで手だしたら終了フラグですなー。
ま、いつになるか判りませんが二期速報が入り次第買うって感じに
なりそうな予感。二期あるのなら原作既読という立場で見てみたいですしね。



とまあ、アニメのほうはもう言うことなしなのでここらで総括終わりにします。
毎週土曜日楽しんでみることができました。
スタッフさん、声優さん、お疲れ様でした!


written by 亨太朗22:03 | Comment(0) | TrackBack(19) | かんなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

かんなぎ 第13話 「仁、デレる」
Excerpt: ナギを連れ戻すよう仁に渇をいれるつぐみ。 幼馴染だから仁の気持ちがわかっての行動。 回想シーンを交えての流れが丁寧。 前半パートはつ...
Weblog:SERA@らくblog 3.0 Tracked: 2008-12-28 22:28

かんなぎ 第13幕(最終話) 「仁、デレる」 感想/総評
Excerpt: いよいよ最終回
Weblog:ソウロニールの別荘 Tracked: 2008-12-28 22:36

かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」
Excerpt: いろいろ盛り上がったかんなぎもとうとう最終回。 仁から離れたナギが住み着いた家は前回出てきた上森さん家。お母さんが心配するも、...
Weblog:天国と地獄と雑文ver2.00 Tracked: 2008-12-28 22:38

かんなぎ 第13話【最終回】 仁、デレる
Excerpt: 追いかけてきて欲しいんだよ!今頃帰りたがってるって! 意地を張り合っている二人を見かねて、本格的につぐみが動く。 仁はナギを再び...
Weblog:心のプリズムNavi Tracked: 2008-12-28 22:46

0A20CB0E1N8BNF6|3F
Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってる...
Weblog:アニメ Tracked: 2008-12-28 23:09

かんなぎ 第13話(最終回) 「仁、デレる」 感想
Excerpt: よい最終回だったので、解説するのもヤボな気がしますが、性分なのでやってしまいます。『気付きの連鎖反応』について。かんなぎ 第13話 「...
Weblog:メルクマール Tracked: 2008-12-28 23:25

かんなぎ 第13話 「仁、デレる」
Excerpt: つぐみはほんとええ娘やねぇ。 「お前には関係ない」と言われたのにそれでも仁を心配して渇を入れてくれる・・・ こんな幼馴染が欲しかっ...
Weblog:リリカルマジカルS Tracked: 2008-12-28 23:48

かんなぎ 第13話(最終話) 「仁、デレる」 感想
Excerpt: 「またね!」に期待です。 そんな訳でタイトル的にはちょっと心配な所はあるのですが、中途半端な割にはよくまとめていたと思います。 …と...
Weblog:Shooting Stars☆ Tracked: 2008-12-29 00:37

■かんなぎ【第十三幕】仁、デレる
Excerpt: かんなぎ #13の視聴感想です。 幼馴染。 鈍感。 気持ち。 自我。 鐘の音。 二人だったらきっと見つかる。 ↑さぁポチッとな
Weblog:此方彼方何方-コナタカナタドナタ- Tracked: 2008-12-29 02:47

かんなぎ 13話 最終回「仁、デレる」
Excerpt: 「おい、母さん。あの家出娘、いつまでいるんだ?」 おばさんが言うには、おばあちゃんの知り合いらしい。その家の縁側にはナギがいた。 お...
Weblog:新しい世界へ・・・ Tracked: 2008-12-29 03:06

「かんなぎ」第13話(終)
Excerpt: 第十三幕「仁、デレる」(終)昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は自分のすべきことを見出すのだった・・・..
Weblog:日々“是”精進! Tracked: 2008-12-29 04:57

(アニメ感想) かんなぎ 第13話 「仁、デレる」
Excerpt: かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は..
Weblog:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 Tracked: 2008-12-29 05:02

かんなぎ 第十三幕
Excerpt: シゲばあちゃんに全部もっていかれた!!ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・ 「仁、デ
Weblog:Brilliant Corners Tracked: 2008-12-29 07:50

かんなぎ 第13話(最終回) 「仁、デレる」 感想
Excerpt: ★★★★★★★★★☆(9) つぐみに叱咤激励されて目が覚めた仁が、 自分が神である事に不安を感じていたナギを優しく支えて一件落着。 ...
Weblog:サボテンロボット Tracked: 2008-12-29 09:56

かんなぎ 第13話(最終回) 『仁、デレる』(感想)
Excerpt: 「つぐみ、コワレる」 仁とナギのいけない関係(?)を目撃してしまいコワレるつぐみ
Weblog:アニメ-スキ日記 Tracked: 2008-12-29 12:42

かんなぎ 第13話「仁、デレる」(最終回)
Excerpt: ピュアな仁がよかったですね〜 かんなぎもいよいよ最終回です。 仁に冷たい態度を取られてもめげないつぐみはなんていい子。 でも最後まで報われませんでしたねw 仁も罪作りだよなあ… つぐみの..
Weblog:のらりんクロッキー Tracked: 2008-12-29 16:34

【最終話】かんなぎ 第13話「仁、デレる」
Excerpt: ラストシーンでのつぐみちゃん、振り子のように、口をぽか〜んとした頭を右へ左へ。ここ、可愛かったなぁw この後、泣きながら疾走するわけですが、振り返ってみれば、つぐみちゃんはこんな役ばかりだったなと..
Weblog:よう来なさった! Tracked: 2008-12-29 22:21

かんなぎ第十三幕「仁、デレる」感想
Excerpt: かんなぎ最終話。仁デレってことでかなりわかりやすいサブタイだけど・・・。かんなぎ3(初回生産限定)早速感想。仁・・・デレたか?まぁつぐみに渇を入れられ本気モードになりました。回想を交えたあの流れ、とっ..
Weblog:物書きチャリダー日記 Tracked: 2009-01-01 19:59

かんなぎ 第13幕 仁、デレる
Excerpt: かんなぎ 第13幕 仁、デレる 最終話。 つぐみがいい女すぐる。 基本的にざんげ...
Weblog:Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録 Tracked: 2009-01-03 00:02

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。