2009年04月03日

【アニメ】アキカン! 最終総括【感想】

最低で最高のアニメだった!
A5A2A5ADA5ABA5F3A1AA(5)_4a05d2354ec2e.jpg
 
 
 
 

 
 
  

 











レビューを書かなかったことを激しく後悔した!
突っ込みドコロおおすぎwwwwww 


間違いなく今期一番OAを楽しみにしていた作品でした!
まず私が着眼したのは福山が主役、そして悠木、広橋、豊口の出演です。
好きな声優さんが固まってましたからね、視聴して当然です。


あと集英社SD原作作品には08に「紅−kurenai−」
でいい思いさせてもらいましたからね。
「黒塚−kurozuka−」といい「ONE OUTS−ワンナウツ−」といい
集英社は良作なアニメ連発してたのでこれも視聴のきっかけです。



で、いざ見た1話。福山演じる大地カケルが自販機に対して
変態プレイを及んでるシーンでもう嵌っちゃいました。
ニュータイプよろしく面白くなる予感を感じ取りました。
そしたら嬉しいことに勘が大的中だったのでウハウハですよ。



まずOPからして安っぽい。
そして確かに作画はチープだ。
キャラの名前もまったくひねりがない。
原作者は真面目に考えてるのか?と疑いたくなるような名前ばかりだ。
設定もいろいろ妙だし、変態な単語連発だし・・・と、
とにかく変な路線を突っ走るアニメではあった。




その珍妙さを私は無性に新鮮に感じてしまった時点でもう負けだったんだろう。




いやーだってOPも何度も聞いてみると脱力感がなかなかいいし、
チープな作画でも声優さんの熱演でキャラは魅力的に感じるし、
名前も一発で憶えられて、物覚えの悪い私には最高の配慮だし、
設定の妙さがキャラの変態性を呼び起こしてるともいえるし・・・・と、
何故かその変な路線がガッチリピッタリ嵌ってしまったのですよ。





とりあえず細かいレビューはDVD買ってからやろうと思いますw
このゆるさは何度見ても楽しめると思うw
あと上にも書いたように声優の演技が非常にいいので
見てて個人的にかなり盛り上がりました。
まあ、唯一ミク(最強のアキカン)だけは中の人の経験値も浅く
関西弁というハードルの高い演技だったのでちょっと面白いことになってますが
それもこれも含めて「アキカン!」なわけですよw




作画も11話だけスッタフ的に劇場版を狙ったらしく、
女キャラがかなりの美少女化してますが、それ自体が違和感すげえw


やっぱアキカンはヘボくないとね。







本編放送後のAACRもなかなか充実してて、
いらぬ情報たくさん仕入れられて毎回楽しみでしたw
のみこのEDアレンジも毎回楽しみでした。最後のfeat.ミクはびっくり。
声優陣が語るようにアフレコ現場はかなりいい雰囲気だったみたいで
その良さがアニメ自体にも滲み出てたんじゃないかなーと思います。




なじみのへけけ笑いとかぶど子の舌ったらずな喋りも、
愛鈴君の「木崎です」っていう訂正も、エールのにゃおー!も
その他その他たくさん最高でした、本当にありがとうA機関!!!!!!



ひっっっじょーーーーーーに2期待ち望んでます!!!!
サンガリアも応援してますのでどうか2期お願いしますw








written by 亨太朗07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 09冬アニメ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。