2009年05月08日

【アニメ】Phantom〜Requiem for the Phantom〜6話「大火」【感想】

この美しさ、規格外。
Phantom6(5)_4a05d1a4cb715.jpg
   











粗筋


最愛の妻子を失ったメラニースクエアの首領、トニーはインフェルノに打って出る。
インフェルノの幹部は皆、他組織幹部であり、不義の内通者でもある。
その事実を暴露すれば、手を汚さずインフェルノを陥れることができる、
そう考えたトニーは部下らを情報収集に走らせた。


一方インフェルノの幹部集会では、既にトニー付近の不審な動きが議題となっていた。
ファントムを武器に幹部会常任となったサイスは、強行的な手段を提案。
幹部がその作戦に危惧感を抱くも、首領マグワイヤは首を縦に振る。


かくして始まった今回の作戦は、総計12人を殺害するという大規模のものだった。
作戦の成功には、ファントムを中心に組織の綿密な連携が必要である。
内容概略を伝えるアインはいつもどおり冷静で冷徹な物言いだった。




「この手で人を殺し、この手でモノを食べる。どっちも同じ」
ツヴァイは、殺すことに抵抗が、もうない。
だが、任務の意義を考えるようになっていた。
しかし、アインはその思考に全く意味を感じない。
「道具であること、装置であること、ただ機能さえすればいい」
「考えることが僕らの害になるのか?」
「壊れるわよ」




今回のミッションの成功は米西海岸の勢力図を大きく塗り替えることになる。
インフェルノとしても賭けの要素があったが、無論失敗は許されない。
しかしファントムにおいてその心配は無用であった。
作戦は成功し、西海岸の覇権はインフェルノの手中に。



次回へ。















感想



流石原作者オリジナルシナリオ。台詞が濃厚すぎる。
クオリティの高さに終始にやにやしながら見てました。


トニーの件は前回で終わったものとばかり思っていたので、ストーリーが続いていたのは予想外でしたが、なにぶん雰囲気の統一性が見事すぎたので問題なく見入りました。これだけオリジナルに恵まれるアニメはなかなか珍しい。


インフェルノは今回のトニーの行動をどこまで予想していたのでしょうか。トニーが妻子の死をきっかけに奮起する、くらいは勿論考えていたはずですが、密偵を使うという搦め手は予想外だったようです。それにしてもサイスの提言があそこまで通るってことは、組織としての中核が案外脆そうな印象を受けました。幹部が寄せ集め?ってことで横の繋がりはそれほど強くないのかもしれません。イマイチまだ出てこないマグワイヤや他幹部の凄味というものが今後発揮されるのでしょうか。このままサイスの思うがままになってしまうのでは、なんてことも考えられる。彼は相当出世上手のようですし。


サイスは今回のアイン撮影会やミッションを“曲芸”と呼ぶあたり、もう根っからの変態のようですが、そんな彼が理想とする組織、世界はかなーりぶっとんでそうですね。そもそも組織を拡大することに意味を見出しているのでしょうか。序盤はファントムの成果を見せつけたい、という欲望が前面に出ていましたが、これは自分の作り上げたファントムを評価してもらいたい、という自然な欲だと思います。でもこの欲がマフィアとしての覇権拡大という欲に直結するとは、まだ考えられないかなって感じです、ことサイスに関しては。



それと印象的だったのが作戦前のツヴァイとアインの会話。
「任務の意義くらい考えて当然だろう!」
「誰かにそう言われたの?」
アインは実にツヴァイをお見通しですなあ。

アインが過去に、ツヴァイみたいにクロウから支持を仰いだことがあったのか判りませんが、もしかしたらアインもツヴァイと同じ心境の路線を辿ってきたのかもしれません、とは前回までの記事に何度か書いたような気がしますが、今回の話をみてもやっぱりアインの発言は“先輩として”っていう印象が強く感じられます。



暗殺者という共通点はある二人ですが、その作戦にかける気持ちというのはかなりの差異があるようですね、というかだんだんその差が明確になってきました。超絶ブラック企業勤務の平社員みたいになってるツヴァイ。クロウのおかげで暗殺業にも僅かな希望を見出してます。


どちらも“暗”であることは間違いありませんが、まだツヴァイのほうが生気がある、と言えましょうか。もし過去にアインにもツヴァイと同じように生気(と言えるか怪しいが)があった時期があったとすれば、それはそれで見てみたいですね。アイン人物伝的なサブストーリー希望。今の殺伐とした思考回路のアインになるまでの経路が猛烈に知りたい。そんな話、これから組み込まれてくるんだろうか。


あとアインはサイスの変態趣味にどんな気持で付き合ってるんだろう。これも無感情に「任務だから」といった気持なんでしょうか。見た感じ、撮影後妙にぐったりしてたし、帰ってすぐにシャワーを浴びたのは、実は嫌がっているという描写なんじゃないかと思いましたね。むしろ“嫌がっていてほしい”という私の願望かもしれませんがw微かに見えるアインの人間味ってかなり萌える。花を生けたのはどんな心境だったんだろう、最後見事に枯れていたけれど。




で、今回Bでがっつり時間割いたアクションシーン。
アインのドレス姿・・・・綺麗だ・・・。
背中が、肩が、瞳が、たまらんな・・・。
バイクで射撃するシーンもドレスがよかったが文句は言うまい。
でも、マドラックスなら確実にドレス姿のままだっただろうw





今回のミッションは殺す人数が多いだけに淡々とこなしていくという描写が強かったように感じます。全体的に超人的なのは間違いないですが、すっげえええ!みたいなシーンは
アインがバイクに立って射撃するところくらいでしたね。それにしてもBGMが盛り立てるなあ。




それとトニーは町の住民を自らの家族と言うくらいだったのに・・・救いようがないこのシナリオは原作者故なのでしょうか。刑事とヤクザが徒党を組んでアツイ展開が!っていう小説は数多くあります。トニーが死んだら涙を流してくれるのはガント警部だけかもしれない、なんて思った私が馬鹿だった・・・。





次回は過去
ついに保志の活躍がくるのか?まーた一週間長いなー。



TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

「Phantom〜RequiemforthePhantom〜」第6話
Excerpt:   第6話「大火」ついにトニーがインフェルノの壊滅に乗り出した。彼は、敵組織のある特徴に目をつけ、それを利用した策を立てるが・・・。「そういうこと・・・なんだよな?」妻子を殺されたトニーは、インフェル..
Weblog:日々“是”精進! Tracked: 2009-05-08 07:04

Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: いろいろ、すれ違い始めたように感じた第6話
Weblog:きゃんどる☆らいと Tracked: 2009-05-08 08:48

Phantom〜RequiemforthePhantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 「この手で人を殺し、この手でものを食べる----------どっちも同じ事。そうやって、僕は生きている------。そういうことなんだろうな・・・」今回も前回のメラニー・スクエアの石頭・トニーの話の続..
Weblog:◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ Tracked: 2009-05-08 09:03

Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 「血祭りとなる者」
Weblog:マリアの憂鬱 Tracked: 2009-05-08 09:20

Phantom〜RequiemforthePhantom〜 第6話「大火」
Excerpt: Phantom〜RequiemforthePhantom〜の第6話を見ました。KOKIA/KARMA第6話 大火『この手で人を殺し、この手でものを食べる…どっちも同じこと。そうやって僕は生きている。そ..
Weblog:MAGI☆の日記 Tracked: 2009-05-08 11:21

Phantom 第06話 感想
Excerpt:  Phantom  〜Requiem for the Phantom〜  −キャスト−  アイン:高垣彩陽  ツヴァイ:入野自由  キャル:沢城みゆき  クロウディア・..
Weblog:荒野の出来事 Tracked: 2009-05-08 14:16

■Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt:  あくまで道具に成り切ろうとしているアインの方が、任務の意義や自分の右手のことを考えているツヴァイよりも、危うい感じが凄くします。  余計なことを考えたら壊れち
Weblog:ゆかねカムパニー2 Tracked: 2009-05-08 14:19

『Phantom 〜Requiem for the Phantom〜』#6「大火」
Excerpt: 「真実なんて誰も気にしないし、興味も持たないわ」 最愛の家族を失ったトニー。 このまま引き下がれるはずもなく、インフェルノに一泡ふ...
Weblog:ジャスタウェイの日記☆ Tracked: 2009-05-08 14:32

6話 Phantom(ファントム) 感想
Excerpt: このアニメったらアインの使い方を心得ているよね。ドレス姿かわええー。ピン留めした髪型もかわええー。はい、変態ブログ管理人のginzakingです。こんにちは。変態といえばサイス。おい!アインちゃんにな..
Weblog:ソーアニ Tracked: 2009-05-08 16:08

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 新たな時代の幕開け。
Weblog:ミナモノカガミ Tracked: 2009-05-08 16:38

Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 殺すことと食べること。 どちらもが日常の毎日。 そんな日常に慣れてしまったツヴァイ。 もう戻れないのでしょうか・・・ 家族を殺され...
Weblog:空色きゃんでぃ Tracked: 2009-05-08 18:12

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」
Excerpt: 前回の続きだったことにびっくりww トニーのインフェルノへの復讐のための作戦とは、内通者の情報をバラして自滅させる、というもの。 まぁ正面からでは勝ち目もないですしね。 ところが逆にイン..
Weblog:ゆるゆるでぃず。 Tracked: 2009-05-08 19:24

Phantom Requiem of the Phantom 第6話 『大火』
Excerpt: 前回のあらすじ メラニースクェアを牛耳るストーンファミリーのボス、彼への警告として奥さんと息子の暗殺に行くツヴァイ、 エバとデューク...
Weblog:オタクな車椅子生活者の日々 Tracked: 2009-05-08 19:34

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」 (アニメ感想)
Excerpt: アニメ Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」 街中を歩いていたアイン。 ゴミに捨てられた花束を見つめる。 何を思うのか・・・。 ...
Weblog:アニマニの部屋 Tracked: 2009-05-08 20:52

(アニメ感想) Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」
Excerpt: ファントム(3)<初回限定版> [DVD]クチコミを見る 最愛の家族を奪われたトニーは復讐のため、インフェルノという組織の特殊性を突いた策に出る。インフェルノは数々の犯罪..
Weblog:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 Tracked: 2009-05-08 20:59

今週の他のアニメ
Excerpt: 関羽と張飛が男・・・だと?         /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::          /  〃 i     .::|   /..
Weblog:HISASHI'S ver1.34 Tracked: 2009-05-08 21:06

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: インフェルノへ報復を企むトニー。 それを察知したインフェルノは逆にそれを利用するミッションを決行。 一夜にして西海岸のパワーバランス...
Weblog:SERA@らくblog 3.0 Tracked: 2009-05-08 22:08

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 大火
Excerpt:  中だるみしていないのがいいですね。ますます面白くなってきた感じです。寄せ集めに見えるインフェルノが鮮やかな連携プレイを見せるところが良かったです。
Weblog:つれづれ Tracked: 2009-05-08 22:46

Phantom ~Requiem for the Phantom~
Excerpt: アニメ・Phantom ~Requiem for the Phantom~。ファントムの無料動画はこちらからご覧いただけます。
Weblog:無料動画アニメ館 Tracked: 2009-05-08 23:29

■Phantom -Requiem for the Phantom-【#06】大火
Excerpt: Phantom -Requiem for the Phantom- #05の視聴感想です。 報復作戦。 搦め手。 罠。 裏切り。 真実なんて誰も気にしない。 ↑さぁポチッとな
Weblog:此方彼方何方-コナタカナタドナタ- Tracked: 2009-05-08 23:58

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」
Excerpt: Phantom 第6話 「大火」 犬が気になってしょうがない件 Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」 感想
Weblog:Shooting Stars☆ Tracked: 2009-05-08 23:58

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」
Excerpt: 「いいぞアイン素晴らしい、まったくお前は最高の素材だ!」 6話で早くも本性を現した変態マスターww ローゼンバーグみたいに終盤で変態...
Weblog:ムメイサの隠れ家 Tracked: 2009-05-09 00:22

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 前回の続きだったことにびっくり。 トニーに印籠を渡したのがアントンだったとは\(゜□゜)/ 25年越しの本懐を遂げたというのだから、 現状に相当不満があったんだねえ… マフィア抗争は落ち着くべ..
Weblog:のらりんクロッキー Tracked: 2009-05-09 05:30

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 #06 大火
Excerpt: 「生」の灯火は燃え尽きて。 芽吹いた「生」の炎が猛々しくも燃え上がり、美しくも散り行く「生」の終焉が、「アイン」と「ツヴァイ」という「生」と絡める形で象徴されていたので...
Weblog:だい亜りー Tracked: 2009-05-09 07:54

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」 感想
Excerpt: すれ違う心枯れる花
Weblog:ソウロニールの別荘 Tracked: 2009-05-09 12:48

Phantom〜RequiemforthePhantom〜第06話「大火」感想
Excerpt: 今回は原作者の虚淵玄さん回。TVアニメ『Phantom-RequiemforthePhantom』オープニングテーマ::KARMA早速感想。インフェルノへの復習を企むトニー。しかしその作戦は・・・。・..
Weblog:物書きチャリダー日記 Tracked: 2009-05-09 21:08

Phantom〜RequiemforthePhantom〜第6話「大火」
Excerpt: 個人的に前回のお話はイマイチだったんですけど今回は面白かったです前回の任務からつながって今回はインフェルノの目的である裏社会の統一のための大きな一歩という感じでしたねただツヴァイはクロウディアの言った..
Weblog:にき☆ろぐ Tracked: 2009-05-09 22:42

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: 主役はお前だアイン。私の可愛いプリマドンナ ぎゃあ〜サイスマスター、アインを裸にしてなに撮影会をしているの〜o><o でもサイスマスタ...
Weblog:ミニスカ少女のドラマティックオンラインライフ Tracked: 2009-05-10 04:41

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話「大火」
Excerpt: あー疲れたー<挨拶 やっと書き終えた…深夜に書くと、間違って消してしまうから困る。 感想は続きからどぞー。
Weblog:経験値ゼロ〜いろいろと足りない〜 Tracked: 2009-05-10 05:07

Phantom - Requiem for the Phantom - 第6話 「大火」 レビュー
Excerpt: オリジナル回の2回目であり、待望の虚淵玄さんが担当される回です。
Weblog:A-MIX Tracked: 2009-05-10 14:41

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第6話
Excerpt: 今回はサイス=マスターの作戦が大成功する話。 組織の中で着実に才覚を発揮する変態さん、実力を備え野心に燃えるこういうキャラは大好きです(笑)。 それにしても話の面白いこと、いつも面白いですが今回は..
Weblog:パズライズ日記 Tracked: 2009-05-12 00:35

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。