2009年08月14日

【09夏アニメ】第七週【感想総合】

今期何気にかなりの本数見てます。しかもダラダラ流し見じゃなくて結構ガッツリと。
2・3期作品が安定した面白さですが、全体みれば小粒と言わざるを得ない夏。
    







5・・・ラストスパート! 超絶期待!
4・・・満足の面白さ。折り返し後もこの調子で。
3・・・まずまず。今後の盛り上がりに期待。
2・・・いまいち。視聴は続けたい。
1・・・正直つまらない。惰性視聴。
0・・・合わなかった&諸事情で切り。



【5】
01:Phantom〜RftP〜

【4】
02:クロスゲーム
03:咲−Saki−
04:ハヤテのごとく!!
05:グイン・サーガ
06:NEEDLESS
07:青い花
08:よくわかる現代魔法
09:GA 芸術科アートデザインクラス
10:懺・さよなら絶望先生
11:プリンセスラバー!
12:CANAAN
13:狼と香辛料U
14:ファイト一発!充電ちゃん!!
15:宙のまにまに

【3】
16:バスカッシュ!
17:東京マグニチュード8.0
18:うみねこのなく頃に
19:PandoraHearts
20:化物語

【2】
21:涼宮ハルヒの憂鬱
22:シャングリ・ラ
23:うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜
24:戦場のヴァルキュリア
25:大正野球娘。

【1】
26:ティアーズ・トゥ・ティアラ
27:蒼天航路
28:かなめも
【0】
該当作品なし










【Phantom〜RftP〜】
今期では群を抜いて面白いと感じる作品。個人的に真下監督作品で毎度感じる中弛みを一切感じず、常にいい緊張感と鬱感が漂っていて毎話のめりこんでしまう。キャラ、台詞、ストーリー展開とアニメに必要な魅力は充分すぎるくらい備えているでしょう。唯一もっさりアクションにはもったいない感じを抱きますが、監督の作風を知っていればそれも演出の一つとしてある意味楽しめるし笑えます。OP/EDがここへきて新曲投入ということで、ついに3部突入でラストスパートの気配。最後までこの調子でいってくれることに期待します。

【クロスゲーム】
私は原作を知っている作品ってあんまり楽しめない傾向にあるんですが、毎週楽しみで仕方ないです。戸松さんの青葉はすこぶる可愛いし、同棲始まってからの東が最高に面白い。たまに思い出される若葉エピのキュンとする感じもたまらんです。作画のほうも予想以上に野球をうまく描いててまったく不満なしです。全く意図せずですが、ファントムの主人公の中の人も入野さんだし今期大フィーバーです。唯一EDだけがなによあれって感じなのがもったいないかな。原作も再開し、アニメのほうも今後の盛り上がりは必至ですので大いに期待です。

【咲―Saki―】
大会編終了でひと段落って感じですね。決して大会編が始終楽しかったわけじゃありませんが、キャラの魅力は本物でしょう。どのキャラもとてもいい。咲、透華、聖母は特にお気に入り。麻雀のほうは予想以上にぶっ飛んでいたわけですが、まあ慣れればどんな大技を繰り出してくるか楽しみって感じです。狂気の沙汰ほどなんとやらですね。ラストに向けて、麻雀から離れた彼女らの日常を見たい気もしますが、個人戦の様子を描くのかな。

【ハヤテのごとく!!】
1期に比べパロ減量で本作特有の魅力が損なわれたとちょっと物足りなさを感じたのは最初だけでした。ヒナのバースディや伊豆編などストーリー性にはとても力が入っていて、またキャラ心情も丁寧に描写されてて1期とは違った面白みがあります。最近の原作の傾向と目指す場所が似通ってるんじゃないでしょうか。ヒナの活躍は勿論、ナギの出番も最近復調気味だし、他にも大好きな伊澄・ハムの出番がけっこう多くて嬉しい。それとハヤテのOPつったらやっぱKOTOKOさんですよ!

【グイン・サーガ】
レムスが黒化しナリスとアムネリスの挙式編や吟遊詩人のエピあたりから再び盛り上がってきました。ストーリーが長大なだけにカタカナ人物の憶えづらさは苦労しますが、ストーリーはほんと面白い。最近のリンダはかなりエロいですね、イシュトバーンでなくてもドキドキですよ。イシュトバーンはとりあえずリンダのもと離れるようですが、大丈夫なんでしょうかね。大成しそうもない小物臭を感じてしまうのはグインがかっこ良すぎるからだろうか。ただ最近はグインだけでなく他キャラもかなり立ってきててイシュトバーン含め今後の言動がかなり気になります。個人的に注目しているのは啓治さんが声当ててるヴァレリウスってキャラ。あ、それと消えたアルサルも気になる。なんだかOPEDも聴けば聴くほど壮大さが増してくる感じがしまう。3年くらい延々続けてほしい作品です。

【NEEDLESS】
んい!! 少女部隊が可愛すぎる。ああいう典型的な色使いの三人組に弱い私です。最近は主人公はおまえらかってくらいの出張りようですが、神父さまも子安さん嵌り役で面白いですね。とにかくパワーのある作品です、このエロバカさを持て余すことなく突っ走って欲しいですね。それと本作に欠かせないOPED。迫井監督、秀逸です。

【青い花】
見てて胸が苦しくなるくらいなんだかきっつい内容ですね。リアルとはまた別になんだか生々しくて、すべてが危うげ。彼女らの生活がいつ破綻するか毎週どきどきしながら見てます。7話に登場した中原さん姉の怖さが異常でした。それとOP/EDがいいですね〜。泣きたくなるくらいイイ! ふみも杉本先輩も好きだけど、やっぱりあーちゃん! あーちゃん最高! あーちゃん幸せになってくれ! ちなみにラジオは高部さんがお嬢様お嬢様してて不思議なホンワカまったり感が心地いいです。

【よくわかる現代魔法】
スルメです、このアニメ。2話目にして野中さんの魔法にかかりました。こよみ可愛すぎ。OPもすごくかわいい。それと毎度毎度でてくるタライが最高にツボ。こよみは色々とコンプで悩んでる風なキャラのようだけど、野中さんが演じるとそんなこと一切感じさせない不思議。1話では緊迫感に水を差すこよみのキャラがうーんって感じだったけど、とりあえずタライだしとけば笑える。あとラジオも相当面白い。

【GA 芸術科アートデザインクラス】
ノダちゃんオーラにやられました。2話終了時点では今期最悪の印象だったんですが・・・今では相当リピートして見てます。気軽さがとてもいいし、とにかくノダちゃんが可愛い。3話ED可愛すぎる。テンポいい話と悪い話がの粗がたまに気がかりだけど、ノダちゃんが出てくればすべて救われますよ。あーノダちゃんかわいいなあ。

【懺・さよなら絶望先生】
まあ内容は無難って感じですかね。特段面白くもないしつまらなくもないけど見たいという不思議な感覚は1・2期同様、むしろ原作同様。キャラが無難に可愛く描かれているのも嬉しいポイント。あと結局今期もOP買いました。2番のマ太郎がイイ。お仕事デ嵌メテルダケカモヨ。

【プリンセスラバー!】
エロゲ原作作品で来週が楽しみって思えるのは久々な気がします。6話は定番のサービス回でしたが、というか哲平が明言してましたがw そこらへんの制作側諸々の事情を逆手に取ったいいギャグ回でしたね。キャラに湯気の不自然さを指摘させんのかと。あそこまでフリーダムにネタを詰め込まれるともう笑うしかないでしょう。ヒロインの4人も早々にお互いの主人公への好意を認め合ってるしどんな√に進むのか楽しみです。個人的にお気に入りはメイドの優です。次回予告でにょげーについて説明し出しちゃう優の真面目さに萌え。主人公がなかなかいい男なのもポイントかなり高いです。

【CANAAN】
1話最高の出だしを切った本作ですが、1クール作品にしては序盤でかなり丁寧に足場を固めている様子。そのため作品的に大きな波がなく、またミステリ的要素もほとんどが予想できる範疇でやや冴えず、作品的に少々小粒な印象に留まってしまいますね。ですが今後マリアを救うためにカナンとαもしくはリャンが激突することは必至だと思うので、キャラ紹介が終わり足場を固めた本作に大波が来ることを期待したいです。ラジオは「ネネのねえねえry」での彩陽さんの一人喋り奮闘な感じが面白いです。

【狼と香辛料U】
ブレインズベースの丁寧なつくりには感心させられます。ラノベ原作で何故に本作はこんなにもゆったりとしたスケジュールが組めるんだろうと不思議に思えるくらい、相変わらずまったり進行ですね。原作的にも今回のエピはホロ分が足りないことから少々物足りない気がしますが、その分はディアナさんの美しさでカバーした感じですかね、素晴らしい美貌でした。

【ファイト一発!充電ちゃん!!】
ぷらぐは相変わらず可愛いしエロいですが、ストーリーのほうは微妙な感じです。エロ、ギャグ、シリアス、ちょっといい話、どれかひとつに突き抜けていれば印象もだいぶ違ったと思うんですが、全部一緒くたにしてしまうことで無理やりさを感じてしまいます。それも1話でやろうとするから性質が悪い。基本ギャグが強めの作品だと思うので、ギャグ話をベースにシリアスをやるならやるできっちり展開して欲しいかなと思います。

【宇宙のまにまに】
毎週安心して楽しめる作品ですね。特段ワクワクしたりドキドキしたりする作品ではありませんが、だからこそ星の魅せるロマンチックな世界が引き立ちます。顧問の先生が入ってきたことで、朔を皮切りに部活メンバー内でドラマが生まれそうでそちらも楽しみです、が、姫の入る余地はないのか? 姫、頑張っていると思うので少しでもいいから報われるといいなと願ってみたり。あとなんといってもOPが素晴らしく作品に合ってますね。アイマスで採用して欲しい感じの曲だ。

【バスカッシュ!】
実は毎週ものすごっく楽しみにしてます。何がしたいの? スポーツなの? ロボバトルなの? ヒロイン誰? 作画動かなくね? など迷走に迷走を重ねもはやなんか痛々しい本作ですが、そのギリギリな感じが何故かそそる。「どうすんのこれ」ってくらい話がわけわかめでどう最終回を迎えるのか、スタッフがどう本作にケリをつけるのか実に楽しみ。ストーリーは迷走を続けていますが、キャラはとてもいいと思います。一番のお気に入りはスパンキーですが、フローラもかなり好き。ダンも下がり続ける作品のテンションを頑張って支えているし、セラも御前ヴォイスありきですがサバサバしてていい。キャラが活かされないストーリーはほんとに勿体ないですが、ここまで来てしまったのだから仕方ないですね。ちなみに私は何を血迷ったかエクリップスのCD揃えてます。

【東京マグニチュード8.0】
やっぱアニメで描ける描写は限られてくるのねって感じのガッカリ感は否めないでしょう。全体的に首尾よすぎで「とんでもないことが起こった!」という感じは一切なく、実際に大地震が起きてもなんとかなりそうな気さえしてしまう。「実際のとこ大地震がきたらどうなの?」「そればっかりは地震が起きてみないと・・・」結局はこんな感じでしか描けていないんじゃないでしょうか。ただそれでも地震大国国民である私には主人公たちの不憫さが判ってしまうだけに中途半端な震災描写が浮いて見えます。東京タワーを破壊するのはモスラだけで充分、本作ではもっと描くべき悲惨な状況があると思います。

【うみねこのなく頃に】
まだまだ評価できる段階じゃないとは思いますが、正直最近の展開は退屈ですね。ただこれが糧となり解決のために意味のあるエピなら仕方ない展開でしょう。

【PandoraHearts】
サブリエの悲劇を中心に過去の謎が段々と判ってきてラストスパートの準備万端って感じがします。シリアスとギャグの配分がよく設定も世界観も面白いので、最終回の前に流し見していた序盤の録画を見直そうと思います。美少女・美男子天国なのに画質が勿体ない。

【化物語】
回を追うごとに阿良々木のつまらなさに冷めていく自分がいますが、みゆきちキャラには猛烈に期待してます。お願いします。

【涼宮ハルヒの憂鬱】
祝ループ脱出。個人的に出失敗だったエンドレスエイト、ブランドイメージとして今後が非常に大切ですが、溜息があまり好きなエピではないので今期はもうあまり楽しめないかも。

【シャングリ・ラ】
あの原作のわりにGONZOは頑張っていると思います。サントラはパケ含めとても気に入ってます。

【うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜】
BGMが眠すぎるw 見どころがこれといって見出せない自分が未だにいますが、黒ウリンの中の人の演技には微かに期待してます。それとカノンが最近可愛らしいと思えるようになってきました。

【戦場のヴァルキュリア】
戦争描写も恋愛描写も温い、温過ぎる。イサラの死をネタとしてしか感じられない自分が悔しい。「アリシアはヴァルキュリア人だ・・・」という謎のフレーズには若干の興味あり。

【大正野球娘。】
覚悟を決めたわりに練習描写が温くて不満。大正という微妙な時代である必要性も野球である必要性もあまり感じないので何が狙いなのかよく判りません。小梅は可愛い。

【ティアーズ・トゥ・ティアラ】
アルサル・・・いいやつなのは判るけど、惹かれないな・・・。リディアの蘇生まだですか。

【蒼天航路】
原作既読者としてこれ以上のガッカリ感はないってくらい残念なアニメ化でした。
感想も糞もナニモナイッ!

【かなめも】
ミュージカル回で引いた。さまざまな表現が下品で辛い。広橋さんレギュラーなので見続けると思いますが・・・。





written by 亨太朗00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 09夏アニメ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。