2009年09月06日

【アニメ】CANAAN 10話「相執」【感想】

キャラの表情がすごい。
canaan10.jpg 






感想

前回の引きはなんだったのかと言えるくらい10話序盤は砕けた雰囲気でした。マリア「命だよ、命!」。ネネの曲を意識した台詞だと思いますが、無理やりさがマリアっぽくて命という重い言葉ながら和みました。サンタナ「お前の本当の名は糸色望」。これも狙っての発言か判りませんが、いくらサンタナに真剣な声で喋らせたって今期はギャグにしか聞こえないですねw その後の三人娘のギャグ会話もサンタナが言うように「ずっとこの路線でいいんじゃね」と思わせてくれました、がさすがにもう10話、ここでギャグかよとも思いました。

で、ストーリーのほうは相変わらずの進行具合。上記ギャグと併せて岡田氏のいいところと悪いところが顕著なストーリーだったように思います。サンタナの死とハッコーの暴走などスパイスを効かせたつもりなのかもしれないけど、正直見たいのはハッコー対カナンじゃなくて・・・という感じ。そもそもハッコーがさながらバイオな光景を見て一心不乱に部屋に駆け込まなければリャンとのTVを通しての対面はなかったし、サンタナの「憎んでるんだろ?」→「なら愛している?」っていう思考も脈絡がなさすぎてちっとも感動出来なかった。ハッコーの声の威力も場当たり的で一定しないように思います。耳を塞げさえすれば大丈夫みたいな感じだけど、それにしたってサンタナは簡単に死にすぎでしょう。それとサンタナが死んでからハッコーが暴走したのはリャンには確信があったのでしょうか。行き当たりばったりに見える展開なのに施設が急に対ハッコーモードになったり出来すぎた感じがなんだか冷めさせてくれました。またハッコーの攻撃が声であるだけにバトルの見応えはほとんど感じず、一方的に悶えざるを得ないカナンを眺めることは、本作に求めるアクションシーンとは明らかに違いますね。

ただそんなちゃちな展開以外の面、作画、キャラはこちらも相変わらず素晴らしいですね。特にマリアの天然ぶり、リャンの暴走ぶりは台詞、演技ともにかなりの好素材でそれに豊かな感情表現の作画も加わることで見ててほんとうきうきします。どっちのキャラもすべてが問題発言みたいな感じがいいですね(リャンの台詞はパロ仕込み過ぎw)。今回はリャンの解説でカナンもUA感染者ということが判りました。彼女の暴走があと何話見られるのか期待しています。それと引きのシーンで夏目とマリア・ユンユンご対面でしたが、彼女らは初対面だったかな? ここへきて夏目反逆の気配です。カナンが夏目に「私の能力を知りながらry」っていうのはよく私に嘘がつけるよね、と同意義と捉えていいんでしょうか。兎も角本作切ってのギャグコンビがあの場面どう切り抜けるのかも楽しみです。



チャイナ気分でハイテンション!

チャイナ気分でハイテンション!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: CD




mind as Judgment

mind as Judgment

  • アーティスト: 飛蘭,畑亜貴,上松範康,藤田淳平
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD




My heaven

My heaven

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2009/08/26
  • メディア: CD




CANAAN【1】 [Blu-ray]

CANAAN【1】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray









written by 亨太朗19:37 | Comment(0) | TrackBack(11) | CANAAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

毎度お世話になってます。

CANAAN 第10話「想執」
Excerpt: 自分の犯した罪の責任----------。ついに大きな犠牲が・・・。研究施設、ファクトリーに対し、罪を償うと言ったアルファルドは一体どうするつもりなのか?CIAが蛇と繋がっていた証拠を明かし、告発する..
Weblog:◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ Tracked: 2009-09-06 20:00

CANAAN第10話『想執』の感想レビュー
Excerpt: 遂に身内からも犠牲者が。 (T_T) 愛と哀の両方が渾然一体で、ドロドロしつつも透き通った美しさ!みたいな、かなり強烈なインパクトのあるお話でした。 これほど..
Weblog:萌えレビュ! Tracked: 2009-09-06 20:55

CANAAN 第10話「想執」
Excerpt: CANAAN 第10話「想執」の感想記事です。 ※この記事は、FC2などの一部ブログへのTB送信が出来ない本館に代わって、TB送信...
Weblog:妄想詩人の手記<別館> Tracked: 2009-09-06 21:15

CANAAN 10話「想執」
Excerpt: 消えた村の被害者を運んだ研究施設、通称ファクトリーに到着したカナン達 サンタナはこの場でCIAが蛇を手を組んでいた証拠を掴み、関わった人...
Weblog:Spare Time Tracked: 2009-09-06 21:22

CANAAN 第10話「想執」
Excerpt: 愛奪い死。
Weblog:ミナモノカガミ Tracked: 2009-09-06 21:47

(アニメ感想) CANAAN 第10話 「想執」
Excerpt: CANAAN【1】 [Blu-ray]クチコミを見る アルファルドの話していた研究所に乗り込むカナン達。しかし、そこで待っていたのは・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂..
Weblog:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 Tracked: 2009-09-06 22:29

CANAAN 第10話「想執」
Excerpt: 色々な愛の形、贖罪のサンタナと薄幸なハッコーの愛の区切り。リャン・チーの愛の形はまだ見えない「CANAAN」第10話。 ルーツと贖罪を求める者たちが「蛇」とCIAの研究施設、クリーチャー製造施設「フ..
Weblog:アニメレビューCrossChannel.jp Tracked: 2009-09-06 22:55

「CANAAN」 第10話『想執』
Excerpt:  第10話「想執」 消えた村の被害者を運び込んだ施設ファクトリー。 CIAと蛇が
Weblog:おきらく委員会 埼玉支部 Tracked: 2009-09-07 00:20

CANAAN 第十話『想執』
Excerpt: …泣かされた、今期はじめて。 予想はしていたのになー…。 CANAAN【3】 [Blu-ray]関口可奈味 ポニーキャニオン 2009-12-25by G-Tools
Weblog:風庫〜カゼクラ〜 Tracked: 2009-09-07 09:48

CANAAN 第10話「想執」
Excerpt: カナンをアンチエイジング! リャン・チーがどこまで知ってるのか謎ですが、カナンとウーアウイルスには想像以上に深い繋がりが。 リャン...
Weblog:空色きゃんでぃ Tracked: 2009-09-07 20:11

CANAAN 第10話 感想
Excerpt:  CANAAN  第10話 『想執』 感想  −キャスト−  カナン:沢城みゆき  アルファルド:坂本真綾  大沢マリア:南條愛乃  リャ...
Weblog:荒野の出来事 Tracked: 2009-09-07 20:28

QUATTROism

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。