2010年03月11日

【アニメ】あにゃまる探偵 キルミンずぅ 20話「恋するウサギと吸血鬼!?」【感想】

killmin20.jpg    





感想


今回はリムの涙につられホロリ潤んでしまった。ケンも突っ込んでいたようになんだよそのオチっていう感じの〆ではあったけど、リムがメインっていうのもなんだか新鮮だったし、リムを思って理性を失いかけるタマオをはじめ探偵団の絆みたいなものも見えた気もします。リムの思い人アキト君もいい子だったしね。

リムが恋についてナギサに相談するシーンもこうやって娘たちは巣立っていくのかとなんだか切なかったです笑 ミジコンパパはほんと大変だろうなあ。あのシーンでパッとパルスが出てくるあたりナギサも完全に恋する乙女ですね。今回パルスがオオカミの姿で出てきたとき、匂いを察しかけていましたが、そのうち衝突なんかもあるんだろうか。この二人の恋模様(パルスがどう考えてんのかは知らんけど任務あるしな)は終盤話が煮詰まってきたときにいろいろ面倒なことになりそうな予感。
それからちょっとだけ絡んできたカノン。カノンはうん…勧誘が下手糞すぎます笑 仮にアキト君がアニマリアンだったとしても、なにもかもが唐突すぎるだろう。しかも気絶したアキト君なんぞには目もくれず飛び立つとか笑 お嬢様は気楽でいいね。それと冒頭、カノンの「アニマリアンはずっと人間たちに吸血鬼とか狼男とかいわれてた」という発言を受けて、今更ながらなるほどパルスは狼男か! とようやく気付きましたよ。

それと今回はリムが第2形態への変身を成功させました。予想斜め上のぶさウサギに大爆笑笑 あれはなにウサギなんでしょ。動物的能力はなにが向上したのかも気になるところ。まさかあの屋敷の絨毯の色に似てたってだけではないでしょうし、もしかしたら至る所で擬態能力を発揮するのかも。ただそれウサギである必要あるのかとは思う。まあウサギのことほとんど知らないからなんとも言えないけれど。
あとキルミンの機能的というか例の99分の法則はやっぱり時間がリミットに近付くにつれ人間的理性や判断力を失っていくようですね。ケンのときもそうでしたが、「あれ?なんで云々」というシーンは若年性痴呆みたいでなんか怖いんですよね。ただ今のところまだリミットを超えた後に起きることは明らかになってないので、断定は出来ませんけど。仮にドクトルが爺さんだとしたら理性がありすぎる気がしないでもないけど…まあ後々の説明に期待しましょうか。

最後のシーンの涙は凄くよかった。そろそろ色んな意味での別れの季節だしね。
おそらく視聴者の半分以上が注目したリムの瞳は残念ながら腕で見えず。くぅ〜!

今回のスタッフは脚本松田氏、コンテ福田氏・増井監督、演出福田氏でした。


あにゃまる探偵キルミンずぅ(1) [DVD]

あにゃまる探偵キルミンずぅ(1) [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD




あにゃまる探偵キルミンずぅ(2) [DVD]

あにゃまる探偵キルミンずぅ(2) [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD




あにゃまる探偵キルミンずぅOP&ED主題歌「Poo/Chuai Mad Noi」

あにゃまる探偵キルミンずぅOP&ED主題歌「Poo/Chuai Mad Noi」

  • アーティスト: Neko Jump,ゲーッシリラック・ニッタヤスット,あさのまさひこ,ラウィ・ガンサナーラック
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2009/12/23
  • メディア: CD




TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」 TVアニメーション「プリンセスラバー!公式サイト」
コメント投稿
Name:

Site URL:

Mail Address:

Comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL


毎度お世話になってます。

佐賀県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog:佐賀県 - 直あど交換所 Tracked: 2014-04-29 08:36

QUATTROism

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。